弊社はGID(性同一性障がい)の方がタイ国でSRS(性転換・性別適合手術-MtF及びFtM)を快適に受けるための必要な情報とサービスを提供しているアテンド事業者です。
携帯電話スマホサイト
携帯電話とスマホ専用サイト
個別相談会やSRS手術に関する情報を不定期にお送りするメルマガ登録はこちらから
タイランドSRSガイドセンター
メールアドレス
メールアドレス
⇒ フリーメール(Yahoo!メール、ホットメール、Gメールなど)で問い合わせされる方へ事前の振り分け・受信設定のお願
⇒1対1で直接相談できるSRS個別無料相談会事前申し込み受付中
このサイトのトップへ戻る MtFトップへ FtMトップへ
SRS情報提供LINE@への登録ボタン 友人追加
お問い合わせ・お見積りフォーム一覧
スカイプ相談 LINE友だち追加 SmartPhone
サイト内検索


ヘルプ Powered by msearch
→ FtM(女性から男性)の治療ステップ → 乳房切除・乳腺摘出(胸オペ) → 子宮卵巣摘出(内摘)
→ 子宮卵巣摘出(膣式) → 子宮卵巣摘出(腹腔鏡) → 乳房切除(胸オペ)+子宮卵巣摘出(内摘)
→ 陰核陰茎(ミニペニス)形成 → 陰茎形成(前腕皮弁) → 子宮卵巣摘出(内摘)+陰核陰茎(ミニペニス)形成
→ 陰茎形成(下腿遊離皮弁法) → 陰茎形成(前外側大腿皮弁+ミニ前腕皮弁) → FtM手術複数組み合わせパッケージ
→ FtM手術複数組み合わせパッケージ → ヒゲ・眉の植毛 → FtM手術通常パッケージ一覧(ガモン病院)
→ 修正手術支援パッケージ → 体の男性化 → FtM手術パッケージのサービス内容
→ 手術予約から帰国までの流れ → 同伴者パッケージ → FtM手術におけるリスクについて
上記以外のメニューはこちらです。

腹腔鏡による子宮・卵巣摘出手術とパッケージのご案内

Laparoscopically assisted vaginal hysterectomy (LAVH)

情報更新 2017年07月03日

腹腔鏡による子宮・卵巣摘出
腹腔鏡内視鏡は違うものですので、混同されないようにお願いします。

腹腔鏡手術での手術創
 

腹腔鏡による子宮・卵巣摘出のサンプル動画

画像をクリックするとYoutubeの動画が見れます。

ウィスット・スウィタヤシー医学博士

腹腔鏡下手術の場合、 お腹の中に手術用の空間を確保するために、 気腹法と吊り上げ法という二つの方法がありますが、タイでは炭酸ガス気腹法が主流です。

腹腔鏡下子宮全摘術には以下の特徴があります。

1 出血量の減少

2 腸管機能の早期回復

3 小さな傷

4 痛みが少ない

5 腹腔内が直接空気にさらされない為、腸が動き出すのも早く、食事も早い時期に開始できる。

ただし、止血が困難で出血が止まらない場合や隣接臓器を損傷してしまった場合、および予期できぬ合併症が発生した場合などは、その場で大きな切開を加え開放手術に移行する場合があることを予めご承知おき下さい。
デメリットとしては高度な技術が必要であり誰もができる手術ではないので、症例の多く経験値の高い医師を選ばなくてはならない点です。

ガモン病院の症例数は腹腔鏡で61件(過去3年間)


肥満の方は、減量をお願いします。BMI(Body Mass Index:体重÷身長÷身長、例えば、身長150cmで、体重50kgであれば、50÷1.50÷1.50で、BMIは、22.2となります)。日本肥満学会の分類では、25以上が肥満となります。特に、27以上の方は、減量後に手術となります。BMI:30以上の方は、開腹法手術をお勧めいたします。

体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数(BMI)と適正体重を計算サイト

肥満の方は糖尿病や狭心症の負荷の増大の合併が容易に予想される患者も少なくありません。厚い腹壁や、腸間膜内臓に蓄積した脂肪が、腹腔鏡下での手術視野の展開を妨害し、手術そのものを困難にしますし、腸管損傷等の術中合併症の頻度が増加します。肥満の人は術中の呼吸管理が難しく、呼吸不全の頻度が高くなります。血行状態が悪い為、術後感染症、静脈血栓、縫合不全、腸閉塞などを起こしやすくなります。また過去に受けた手術により癒着が予想される場合には腹腔鏡下手術はできません。


腹腔鏡による子宮・卵巣摘出手術パッケージ

「アテンド料金15%オフ」プロモーション実施中!
円安のため円料金が高くなってしまい、手術希望者の方が困っている現状に少しでもお役に立てるように 「アテンド料金の15%オフ」プロモーションを開始します。
このプロモーション開始に伴いリピート割引やペア・パッケージ割引などは一旦中止させていただきます。

SkyPhone
SkyPhoneで問い合わせは番号:
1941-2985
SkyPhone 操作説明はこちらです。

LINEjwcbkk スマートフォーン
携帯電話からご質問やお問い合わせは追加番号なしの
050-5857-7572
ヤンヒー病院 ガモン病院
パッケージ料金: 190,550バーツ
パッケージ料金: 195,850バーツ

(食費は含まれません)

手術にはホルモン治療暦1年以上とGID診断書(英文/翻訳物不可)二通(日本とタイで一通づつ)が必要です。
料金の内訳

■ 手術費用:120,000バーツ

→滞在9日間 (入院2日、コンドータウン7泊)
アテンド料金83,000バーツアテンド料金15%オフ70,550バーツ
(往復航空券と宿泊費用を含みます。詳しくはこちらをご覧ください。)
◎航空券はFIXタイプ(帰りの日程変更不可)

執刀医: ブンチャイ医師
Dr. Boonchai Thanyalakpark
ブンチャイ医師
1996年 M.D.取得
チェンマイ大学医産婦人科学部卒

■手術の2日前に渡航する日程がスタンダードです。

2日前:渡航
1日前:タイのGID診断書取得のためのカウンセリング
当日:手術

日程に問題がある場合やご質問などありましたら、遠慮なくご質問していただけると幸いです。

手術予約に必要な書類と条件
日本人医師の直筆サイン入りの英文で作成されたGID診断書または推薦状(翻訳不可)一通、ホルモン治療暦(一年以上)、HIV検査票、健康診断書、手術希望箇所の現状写真、(未成年の場合は親権者の同意書と親権者の同伴が必要)

内臓、消化器の手術経験がある場合は腹腔鏡はできませんので予めご了解ください。

(食費は含まれません)

料金の内訳

■ 手術費用:120,000バーツ+血液検査+胸部レントゲン+GIDカウンセリング費用39歳まで5,300バーツ
合わせて125,300バーツ

→滞在9日間 (入院3日、コンドータウン6泊)
アテンド料金83,000バーツアテンド料金15%オフ70,550バーツ
(往復航空券と宿泊費用を含みます。詳しくはこちらをご覧ください。)
◎航空券はFIXタイプ(帰りの日程変更不可)

執刀医: シリマート・インカナート医師
Dr_Sirimas Ingkanart
チュラロンコン大学医学部卒
シリマート・インカナート医師

ガモン病院における全腹腔鏡による手術数は平均月2人で開腹法による手術数は平均月5人です。

■手術の2日前に渡航する日程がスタンダードです。

2日前:渡航
1日前:タイのGID診断書取得のためのカウンセリング
当日:手術

日程に問題がある場合やご質問などありましたら、遠慮なくご質問していただけると幸いです。

手術予約に必要な書類と条件
日本人医師の英文で作成されたGID診断書または推薦状(翻訳可)一通、ホルモン治療暦(6ヶ月以上)、HIV検査票、健康診断書、(未成年の場合は親権者の同意書と親権者の同伴が必要)
内臓、消化器の手術経験がある場合は腹腔鏡はできませんので予めご了解ください。

パソコン用お問い合わせフォームスマホ用お問い合わせフォーム携帯電話用尾お問い合わせフォーム
弊社のサービス内容はこちらをご参照下さい。 手術仮予約申し込みフォーム

★手術料金は医療機関に直接問い合わせた場合の料金と同一料金です。(手術料金に一切の上乗せはありません。)手術費用の領収書もキチンとお渡ししてます。領収書が必要な保険会社への申請にも対応できます。

手術費用は現地タイで手術前に精算(現金またはクレジット・カード)となります。(アテンド料金の精算は現金のみとなります。)
なお、クレジットカード利用ご希望の方は事前にクレジットカード会社へ病院での治療費支払いを予定していることを連絡してください。連絡不備や本人確認不備で、海外での多額利用ができない場合があります。


一回の渡航で複数の手術を受ける場合は「組み合わせパッケージ」をご利用ください。

⇒ FtMの手術先をどこにするかお悩みの方へ
⇒ FtM手術の軽症または重症な合併症と対処方法について

料金・費用のお見積もりは今すぐこちらのフォームからどうぞ。
【FtM専用お見積も】 乳房切除のお見積もりには写真添付が必要です。


→ 手術予約から帰国までの流れ → 予約変更と取り消しについて → 航空券に関する質問と回答
→ 精算・支払い方法について → 各種手術パッケージ料金と内容 → 修正手術支援パッケージ
→ 宿泊先と周辺商業施設について → SRS関連用品オンライン販売 → お友達・お知り合い紹介システム
→ キャッシュバック・キャンペーン → SRS手術受け入れ医療機関 → 写真・動画・資料ダウンロード
→ 手術体験談
→ 弊社スタッフについて

メルマガ登録 個別相談会やタイのSRS手術に関する情報を不定期にお送りします。

本サイトには医学・医療に関する情報が含まれています。情報の内容には注意を払い、適宜更新するように心がけてはいますが、利用に関しては「情報利用における自己責任原則」を守って下さい。

サイトトップページへ戻る デザイン・画像・文章の複製はお断りいたします ページの先頭に戻る

Copyright(c) 2002-2016 Thai Cosmetic&Medical Information Center .All rights reserved. J Web Creation Co., Ltd 特定商取引法に基づく表記